2011年06月12日

あかいくつ

つーいーに! 買ってしまった!
レペットのバレエシューズ。
昨年の冬あたりから、気にしすぎて
もう夢にまで見始めたので、
あきらめて買いにいった。

大興奮。可愛いであります。
posted by 5月ウサギ at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

成長の種を一つ。

少しだけだけれど、分かった気がする。
自分に求められた役割が。

今まで、お客様の前でいろんな提案をしたり、説明をしてきたけれど、
一回も上手くいったと思えたことがない。
YESといってもらえても、相手の心のどこかにすっきりしていない
モヤモヤがあるような気がしてて、すごくもどかしかった。

会議のアジェンダを考えては、
これは本当にお客様が聞きたいことなのか?と思い悩んだり
会議が時間通りに終わらなくて
お客様に伝わらなかったと後悔したり。
設計書をみせて、確認をしてても
これで本当に要望が満たされているのか分からなかったり。


この間、このもどかしさの糸がちょっとほどけた。
説明の仕方を変えてみたから。
まず、お客様の要望や、機能の目的を説明してから、
その目的を実現するために機能がどんな役割を持っているかを話した。
表情が曇っていたお客様が、うんうんと聞いてくれた。

ちょっとだけ、ヒントを得た気がする。
今まで、私が見てたものはすごく具体的で細かい部分だった。
それか、すごくふわっとした、ぼんやりとしていたものだった。

相手に合わせて、相手が聞きたいレベルで目的や目指す場所を伝えて、
時に具体化して、時に抽象化して、認識をあわせなければ、
相手は納得も判断もできないんだ。


私が、やらなきゃいけないのは、お客様の思いを言葉にすること
ふんわりとか、なんとなく気持ちを汲み取るんじゃなくて、
短い言葉で、ちゃんと文字に起こすこと。
その言葉を伝えられなければ、私が造り上げる物に本当に役立つのか、
誰も決められないから。

相手が何かを判断したり、決断するために必要な情報をそろえて、
相手が見えていないのなら、言葉で表せなきゃいけないんだ。
そうやって、通じ合って、結びつけて、物事を決めていくんだ。


「キミのイメージが力になる。
 君の言葉が世界になる。信じるだけでいい by 真言の使い手」

まだ私は自分の抱えるモヤモヤも、課題も言葉にあらわしきれないけれど、
思いは言葉にしなきゃ、かなえられないのかも。
posted by 5月ウサギ at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。